ハト退治業者に相談しよう!【被害がひどくなる前に】

駆除の際に気をつけること

ハト

グッズの使い方を学ぶ

自宅でハトによる被害が発生している場合、被害が大きくなる前に速やかな対策が求められます。しかしハト退治を行う場合には、いくつか気をつけたいことがあります。まず第一に、ハトの体に直接危害を与えることは法律上禁止されている、という事は知っておいてください。直接的な危害とは、捕獲籠で捕まえたり、毒餌を食べさせたり、といった行為の事です。やる人はいないでしょうが、矢で射貫くなどというのは以ての外です。プロのハト退治専門の業者については、予め狩猟免許などを取得して自治体に許可を得ているので、捕獲などの駆除作業が出来ます。市販されているハト退治用のグッズを使用する分には問題ないので、個人での対策ではこれらを中心に活用してください。またグッズを使用した場合に気をつけたいのが、使用方法をしっかり確認して適切に用いないと効果が出ないという事です。例えばハト退治によく使われる防鳥ネットがありますが、ネットを張っているのにハトが内側にまで侵入してきてしまう、という事例がたまに見られます。網の目が大きすぎるという問題もあり得ますが、ほとんどの場合施工に問題があって、ハトが入れる隙間ができているのが原因です。またワイヤーもネットに次いでよく使われますが、これもワイヤーの本数や位置、さらにはワイヤーのテンションなど、まったく同じグッズを使っていても使い方一つでハト退治の効果は雲泥の差で現れてきます。具体的な使用方法については、グッズを製造している業者や、ハト退治専門業者のホームページなどで詳しく解説されています。失敗例なども参考にして、よく勉強してからグッズを使用しましょう。個人で行うハト退治に限界を感じたら、無理をせず専門の業者に対策を任せるのにようにしてください。

Copyright© 2018 ハト退治業者に相談しよう!【被害がひどくなる前に】 All Rights Reserved.